注目キーワード
  1. 創業
  2. 二代目
  3. 社員
  4. 病気
  5. お金

株式会社 Dynamic Center Core代表 牧野 肇氏

  • 05/19/2022
  • 05/19/2022
  • 創業後
  • 180回
  • 0件

今回は株式会社 Dynamic Center Core代表、牧野 肇氏にお話を伺ってきました。

「社長の履歴書」だけの特別なインタビューです。

ぜひご覧ください!

 

会社名称 株式会社 Dynamic Center Core
代表者 牧野 肇
設立 2018年3月
主な事業 (1)子育て支援事業

(2)講演会事業

(3)イベント企画事業

(4)起業支援事業

(5)卸売業、小売業

社員数 1名(取材時)
会社所在地 東京都墨田区両国2-18-4
会社HP https://dynamic-center-core.co.jp/

 

株式会社Dynamic Center Coreの事業内容についてご説明お願いします

「子育て支援事業を通じて未来を創造する」を理念として、子育て支援の一環として墨田区両国にある雑貨ショップ「ANGEL PATRONAGE(エンジェルパトロナージュ)」を運営しています。2021年の2月に両国駅西口から徒歩1分ほどの物件と出会いお店をはじめました。エンジェルパトロナージュが大事にしている観点は3つあり、「癒し(Healing)」「活力(Vitality)」「喜びの種(Joy)」です。エンジェルパトロナージュのエンジェルは子ども、パトロナージュは支援という意味を持ちます。赤ちゃんや妊婦さんや親御さんが安心して使えるオーガニックでエシカル品質や材料にこだわっています。子ども用品だけでなく、アロマや日用品、ハーブティーなども揃えており、子育てに忙しい親御さんにも、リフレッシュするひと時を作れるような製品や、健康に気を使って輝いてほしいという思いがあります。私が実際に使って良いと思った商品だけを置いているのでみなさんに自信を持って販売できます。

 

ショップだけでなくイベントなども行っているのでしょうか?

妊婦さんや子育て中の方は支援が必要な方がいます。不安や孤独を感じる方にコミュニケーションの場を提供し、ママや子どもの笑顔を増やしていけるよう墨田区を中心にイベントを開催しています。直近では、PARCOや墨田区の公園で参加費無料のイベントを企画しています。企業での講演会も行っていて、20代30代の企業で働く親の世代が豊かになっていくことは結果的に子どもの支援に繋がったり、子どもにその分使えるお金や時間が増えたりするので、少しでも世の中に貢献できればと思い、仕事を受けています。将来的には子どもを持つ母親の雇用創出の機会を提供していきたいです。

また、墨田区の「子どもスマイルムーブメント」の協賛企業として子育て支援事業を推進しています。この地域での子育てがもっと豊かになるように積極的に活動をしています。

特にオススメの商品はありますか?

2022年5月上旬から販売されるハーブティーですね。ノンカフェインで妊婦さんや授乳中のママも飲めるハーブティーを2種類コラボレーションして開発しました。ハピネスティというお茶は、天使の幸せを呼ぶお茶で、妊婦さんでも安心して飲めるような香りや飲みやすさにこだわった商品です。

エンジェルヒーリングティは天使の休息という意味で、出産後の心身を癒していただきたいという想いから、母乳の分泌を促すと言われているフェンネルやラズベリーを使用したお茶に仕上げました。

 

学生時代の思い出を教えてください

サッカーですね。小学校5年生から始めて高校生まで続けていました。

高校卒業後は大学で機械工学の勉強をしていました。就職してから研究をしていきたいと思っていて、学部卒でも研究職に就ける企業を探していました。

社会人時代について教えてください

自動車部品メーカーの研究開発部に就職しました。リーマンショックが起きる前は手取りで30万、ボーナスで160万円ほど貰えていて福利厚生も充実している会社でした。しかしリーマンショック後は手取り15万でボーナスもカット、給料も10%カットになってしまいました。このまま働いていても身近な人を守れる力が身に付かないと危機感を感じました。残業もできない状況だったのでダブルワークとして起業家の方に相談して事業を立ち上げることにしました。仕事が終わった後に毎日24時ぐらいまで事業の立ち上げをしていたので、事業を始めてから1年半の間は睡眠時間が3時間くらいでした。そこから事業を立ち上げて2年後に、事業収入がサラリーマンの収入を超えて収入が安定したので事業で独立することにしました。

どうして子育て支援の事業を始めたのでしょうか?

起業当時は収入を安定するために働いていたので、子育て支援の事業は考えていませんでした。ある程度会社が成長してお金が自由に使えるようになって、何か社会に貢献できることをしていきたいと考えて子育て支援を始めました。

私自身が母子家庭で育っていてずっと鍵っ子生活でしたので、分に子どもができて、子どもがいる家庭に対して何か貢献できることないかと考え、子育てしている親の幸せが結果的に子どもに伝わっていくことを体感したので、メイン事業として子育て支援を行っています。

起業してからの苦労を教えてください

起業してから毎日が大変ですね。ただ何か障害があったときにそれをチャンスと捉えて、乗り越えて今があります。チャレンジという冒険をしているからこそ、障害が出てくると思います。進んでいるから乗り越えた先に次のステージがあるのを体感できているので、大変なことが起きてもチャンスと捉えています。私だけでなく周りで成功している方は同じように物事を前向きに捉えて行動しています。読書や講演など自己投資をして時間とお金を使って常に自分を成長させるようにしています。

今後の展望を教えてください

雑貨ショップのエンジェルパトロナージュを事業の柱として、今はベビーカフェという家族で楽しめるカフェを準備しています。子どもを育てている親御さんがリフレッシュする場や子どもを一時的に預けられる託児所としての機能のある施設にしていきたいです。そこで働くスタッフは子育て中の方を採用していきたいです。今の世の中は、子育てをとるか働くことを取るかという2択になっています。働くことを選択した方は結局稼いだお金を保育園に支払い経済的に豊かになっているわけではありません。自分の子どもを見ながら仕事ができる環境になれば子育ても仕事も充実します。そうすることによって経済的に豊かになって家庭の時間を増やしていけます。1店舗目ができたら子育て世代が住んでいる場所にフランチャイズで広げていこうと思っています。情報交換ができたり、イベントができたり、モンテッソーリの教育などをカフェの中で実現しようと考えています。

実際に私自身に子どもができて、子どもと一緒にいくことができないお店があることに気がつきました。ラーメン屋や料亭など今まで行けていた場所に行けなくなってしまいます。カフェであっても勉強したり読書したりして静かに過ごしたい方もいるので、子どもと一緒に行けず結局ファミリーレストランの一択になってしまいます。世の中の逆の発想で子どもと一緒にいくための飲食店があったらいいですよね。

経営者におすすめする本はありますか?

中村天風さんの「成功の実現」です。中村天風さんは松下幸之助さん、稲盛和夫さんなどのメンターになっている方です。人間力や魂を磨くためにどうすればよいか書かれています。

発刊以来、全国の社長から絶賛の声がやまない衝撃のロングセラー!
なぜ各界の頂点を極めた人々が「生涯の師」として天風師に心服したのか──その波瀾万丈の半生から得た人生成功の哲学で触れる者をたちどころに魅了、かつて東郷平八郎元帥が「哲人」と称賛し、ロックフェラー3世が「生涯の師」と敬愛してやまなかった稀世の大哲人です。 本書は、「座談の名手」として定評のあった中村天風師の録音テープ71巻の発見を機に、その積極的な「人生成功の哲学」と魅力の全貌を、わかりやすく、しかも面白くまとめた、まさに社長必読の成功開眼の書。AmazonURL

https://www.amazon.co.jp/dp/4930838541

投稿者プロフィール

『社長の履歴書』編集部
『社長の履歴書』編集部
新入社員を含めたフレッシュなメンバーを中心に、出版サポートの傍らインタビューを行っております!

就活生に近い目線を持ちつつ様々な業種の方との交流を活かし、「社長に聞きたい」ポイントを深掘りしていきます。

代表者様のキャリアを通して、組織の魅力が伝わる記事を発信していけるよう、これからも一生懸命運営してまいります!